スポンサーサイト

・--------

tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すごく共感してしまう。

・2012-03-24

tag :

  • http://moriri12345.blog13.fc2.com/blog-entry-1265.html

 最近もいろいろとあって、同じような感覚を味わいました。気持ちを代弁していただいてるようで気持ちが少し晴れます。


 ただ、自分の場合ちゃんと怒れないんですよね。。。ちゃんと怒れる人ってえらいと思う。

スポンサーサイト

支払調書は確定申告書添付不要?

・2012-03-21

tag : 所得税 /ギモン /確定申告 /

 確定申告期間も終わりましたが、毎年ギモンに思ってしまう点について調べてみました。それは…、

  • 確定申告書に支払調書は添付が必要なのか?

です。

 しかしながら現場を見ていると、社会保険診療報酬の支払調書、外交員報酬の支払調書、はては弁護士報酬の支払調書まで添付しているように思います。わざわざ、「この金額で支払調書を書いて下さい」と言ってくる弁護士さんもいます。

 でも、その支払調書の提出、ホントに必要なのでしょうか。わざわざ手間をかけて税務署に余計な情報を渡しているだけだったりしないでしょうか。結論から言えば申告書作成には無用の長物です。

確定申告書に添付が必要な書類

 確定申告書に添付が必要な書類は法律で(いろいろなところに)列挙されています。特例を使う際や譲渡所得があるような場合にはたくさん添付する必要が出てきますが、一般的な添付書類は下記にまとめられている通りです(確定申告の手引きにも記載されています)。

 …支払調書の文字はどこにも見当たりませんね。条文を参照してみても、書かれているのは領収書・控除証明書に源泉徴収票だけです。

(確定申告書に関する書類の提出又は提示)

第二百六十二条  法第百二十条第三項第一号 (確定所得申告)(略)に掲げる居住者は、次に掲げる書類を確定申告書に添付し又は当該申告書の提出の際提示しなければならない。ただし、(略)に係るものについては、この限りでない。

一  確定申告書に雑損控除に関する事項を記載する場合にあつては、…(略)…これを領収した者のその領収を証する書類

二  確定申告書に医療費控除に関する事項を記載する場合にあつては、…(略)…これを領収した者のその領収を証する書類

三  確定申告書に社会保険料控除(法第七十四条第二項第五号 に掲げる社会保険料(※国民年金年金・国民年金基金)に係るものに限る。)に関する事項を記載する場合にあつては、当該申告書に記載した当該社会保険料の金額を証する書類

四  確定申告書に小規模企業共済等掛金控除に関する事項を記載する場合にあつては、当該申告書に記載した小規模企業共済等掛金の額を証する書類

五  確定申告書に生命保険料控除に関する事項を記載する場合にあつては、…(略)…保険料の金額その他財務省令で定める事項を証する書類(略)

イ~ホ 略

六  確定申告書に地震保険料控除に関する事項を記載する場合にあつては、…(略)…地震保険料の金額その他財務省令で定める事項を証する書類

七  確定申告書に寄附金控除に関する事項を記載する場合にあつては、…(略)…特定寄附金の明細書その他財務省令で定める書類

2  法第百二十条第三項第二号 (略 ※勤労学生控除)に掲げる居住者は、法第二条第一項第三十二号 ロ又はハ(定義)に掲げる者に該当する旨を証する書類として財務省令で定めるものを確定申告書に添附し又は当該申告書の提出の際提示しなければならない。(略)

3  法第百二十条第三項第三号 (略 ※給与所得者、退職所得者、公的年金受給者)に掲げる居住者は、確定申告書に法第二百二十六条第一項 から第三項 まで及び第四項 ただし書(源泉徴収票)の規定により交付される源泉徴収票を添付しなければならない。

所得税法施行令 第二百六十二条

 

むしろ支払調書は申告書作成に使うべきじゃない!

支払調書は間違ってる可能性も高いし、(多分)締め後請求分も含まれていない

 原則的に支払調書は債務確定ベース(最低限請求書発行ベース)で作成するのですが、中にはそれを知ってか知らずか支払ベース(年内に支払った分だけ)で作成してくるところも多いです(本来は発生ベースで記載して、その中に未払の分があるときは内書きして明示するようになっている)。そんな支払調書に合わせて売上を計上したら、完全に売上計上漏れになってしまいます。

 それに、例え請求書発行ベースで作成してくれていたとしても、先方も締め後売上までは把握していないことの方が多いかと思います(作成する金額は「支払の確定した…」とあるので締め後まで含めて支払調書を作るのがホントなのでしょうが、そこまで律儀じゃないです)。

 というわけで、支払調書なんて無視して独自にキチンと締め後売上まで計上しましょう。その際は締め後売上に対応する(予定の)源泉税の見込み計上もお忘れなく

※売上計上側の処理として源泉税見込み計上を名文しているものが探し出せませんでしたが、支払調書作成側では支払見込み確定分までは記載して、対応する源泉税も書きなさいとあるので、受け取り側も計上すべきですよね(源泉税計算も金額によって2段階なのに締め後対応分をどうやって見込み計算しろってんだ!ってのは私に聞かないでーw)

参考

現金主義と発生主義 - 税金 - 教えて!goo

(↑まぁ現金主義っぽくてもB/Sだけつけて青色65万とってる人はたくさんいますけどね。)

なぜ添付したがるのか

 おそらく源泉徴収票と同じで、「源泉徴収税額の証明に必要でしょ?」という感覚からでしょうか。給与や年金の源泉徴収票と同じように考えて「これだけ源泉徴収されているんです!」と主張するために必要な書類だ、と思ってしまうのでしょう。

源泉徴収票は源泉徴収税額の証明じゃなく、むしろ所得証明だと思う

 支払調書は間違ってる可能性もあるというのと同じように、じゃあ源泉徴収票も間違ってる可能性があるでしょうよ、と言われるかもしれません。しかしながら私が思うに、源泉徴収票は単に支払額や源泉徴収税額の通知書類なだけじゃなくて、「源泉徴収票に書かれている所得がその人の所得だ」という給与支払者の証明書なんだろうと思っています(1カ所給与者については、年末調整がされているのであればそれが所得のすべてになりますし)。

 それだけ重要な書類を給与支払者は作らされているのです。給与支払者って難儀ですね。

支払を受けた側は源泉徴収税額を意識できるのか

 ただ、ここで一つギモンに思うことは、「支払を受けた側は源泉徴収されていることに気づけるのか」ということです。自分でキチンと請求書を発行して入金差額について源泉徴収された旨連絡を受けていたのであれば、源泉徴収された金額を自分で集計することもできるでしょうが、白色申告の一般人、それも単発でちょこっとお仕事をしたような人だったら、総額どれだけの金額の仕事をしたのか意識することもないかと思います。そんな人たちに源泉徴収された金額を管理しろっていうのも、思えばおかしな仕組みです。

廃止されていない当初申告要件

・2012-03-06

tag : 税制改正 /

 先頃、当初申告要件の廃止について書いたエントリの中で、逆に廃止になっていないのは何?と思ったところなのですが、いろいろ見ているとやはり、廃止されていない当初申告要件はあるようです(例として見たのは“貸倒引当金”)。

 他にも、“すでに適用を受けた控除限度額限度の適用”は廃止されたけど、“限度額計算の基礎金額”は増額されない、とかパターンがいろいろとあるようです。まだ全然整理ができていません。

 というか、正直なところ貸倒引当金に申告要件があったというのも意識したことがありませんでした。だって、税務申告をするから会計上引当計上する面もあるし、引当計上したなら計上限度額を計算する別表は必ず付けるものという暗黙の作業フローが染みついていますので。他にもこういうのあるんだろうなぁ。

 これはちょっとどこかでまとめて欲しいな。

最近の電子申告の潮流が怖い

・2012-03-03

tag : 電子申告 /

 ここのところ所得税確定申告の時期というのもあって、テレビCMだったり電車広告だったりで電子申告(e-tax)が前面に押し出されています。個人的には電子申告は非常に便利なものと大歓迎なのですが、最近ちょっと懸念することもあります。

 電子申告についていろいろと見聞きするところでは、税務署で電子申告を前提として利用登録からさせられて、暗証番号も「何でもいいですよ」なんて言われて設定してとりあえずその年の申告だけやる。で、結局暗証番号は覚えてないし、利用者識別番号も覚えてない。税理士が電子申告で代理申告するけど利用者識別番号は知らせない・暗証番号は連絡しない、利用者識別番号の意味を説明しない、など。

 結局、納税者本人のためのシステムからだんだんと離れてきているように思う。申告の方法としては非常に便利、それは間違いないしこれからも進めた方がいいと思う。だけど、やっぱり納税者を置いてけぼりにしている気がしてならないです。納税って納税者それぞれが自分のこととして意識しないと(させないと)いけないことだと思うんですが、税務周りの人々の意識がそこを非常に軽視していると感じます。

 なので、年末調整の仕組みには大反対な私です。早く無くなればいいのに。

 あと、良く理解せずに電子申告をさせられている人!電子申告自体は非常に効率がよいシステムですが、任せっきりは非常に危険だと思いますよ。自分が何をやっているのか、仕組みくらいは自分で理解しておきましょう。

 会計事務所・税務署を通して、全体的に電子申告をするにはリテラシが足りない人が多すぎると思う今日この頃です。こんなんじゃマイポータルも失敗に終わるでしょうね(使えない人が多すぎて)。

BLOG内検索

自転車お仕事法人税税法を読む所得税税制改正ギモンコマい話国税通則法会計ソフト会計処理確定申告別表記入減価償却圧縮記帳書籍経営事業税*宿題*記事に反応農業経営国税徴収法清算

 
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月次アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。