スポンサーサイト

・--------

tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

法人税等が「留保」項目になる理由

・2012-05-15

tag : 法人税 /コマい話 /別表記入 /

 『法人税等は資金流出を伴うのに、なぜ別表四では「留保」の列に書くのだろうか?』

 法人税法を理論として勉強したことのある人なら一度はギモンに思うことではないでしょうか。しかしながら、ふと気づいても、仕事をしていく上では知らなくても何も困らないことなのでスルーしてしまっている人というのも多いかとも思います。

 しかしながら、何らか引っかかる取り扱いをされているのには、なにがしか理由があるものです。そういった理由が気になるというのはとても大事なことだと私は思っています(それが大した理由じゃなかったとしても)。

 冒頭のギモンについてですが、↓のQ&Aが非常に的を射て、かつわかりやすく書かれています。

 URIが無くなってしまうと個人的にも困るので、以下に要約と私なりの理解の整理をしておきます。細かいところはリンク先で確認して下さい。

  1. 法人税別表は、課税所得計算の役割がメインだけれども、利益積立金計算も大事な役割の一つだという認識が必要。
  2. 利益積立金の計算にあたっては、未納法人税等は利益積立金の確実なマイナス項目として控除して計算される(“納付することとなる…”)。
  3. これは「利益積立金の減算を先取り」している留保項目といえる。
  4. 実際に納付があった際には、利益積立金が2重のマイナスにならないように留保項目として↑の留保項目を認容加算する。

 という感じで間違ってないかなー。「利益積立金の確実なマイナス項目」というところまでは比較的想像しやすかったですが、「先取りで減算留保している」という発想は出てきませんでしたね。これはすごくしっくりくる表現です。

スポンサーサイト
BLOG内検索

自転車お仕事法人税税法を読む所得税税制改正ギモンコマい話国税通則法会計ソフト会計処理確定申告別表記入減価償却圧縮記帳書籍経営事業税*宿題*記事に反応農業経営国税徴収法清算

 
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月次アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。