スポンサーサイト

・--------

tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

政府の農地政策がかいま見える

・2009-03-03

tag :

 TAXOTAKさんが今年度の税制改正について、国会でのやりとりを紹介&まとめてくれました。答弁の中には制度の趣旨説明や、国の考え方などさまざまな情報が盛り込まれています。貴重な情報ありがとうございます。

 その中で気になった点を一つ

 農地についての本年度の改正項目に「貸付でも納税猶予OK」とうものがあります(軽く言いすぎですが)。今までは土地を持っている人が自ら農業をしない場合には納税の猶予・免除はしませんよ、というものでした。それが、農業経営基盤強化促進法の規定によって貸し付けた場合には猶予・免除がありますよ、と変わるわけです。

第七十条の六の二

 (略)、当該猶予適用者に係る前条第一項ただし書及び第七項の規定の適用については、当該特定貸付けを行つた当該農地又は採草放牧地の全部又は一部(以下この条において「特定貸付農地等」という。)に係る地上権、永小作権、使用貸借による権利又は賃借権(以下この条において「賃借権等」という。)の設定はなかつたものと、農業経営は廃止していないものとみなす

  一 賃借権等の設定による貸付けであつて農業経営基盤強化促進法第四条第二項に規定する農地保有合理化事業(同項第一号に掲げる事業に限る。)のために行われるもの

  二 賃借権等の設定による貸付けであつて農業経営基盤強化促進法第四条第三項に規定する農地利用集積円滑化事業((同項第一号に定める事業同号ハに掲げるものを除く。)及び同項第二号に定める事業に限る。)のために行われるもの

  三 賃借権等の設定による貸付けであつて農業経営基盤強化促進法第二十条に規定する農用地利用集積計画の定めるところにより行われるもの

●所得税法等の一部を改正する法律案

 私は以前から、「個人が農地を法人に貸して、法人として農業を行うことがベストなんじゃないか、だけど、納税猶予が受けられなくなるのもあってあまりできない」と思っていたところがありました。これでちょっと前進したのかな、と思います。

 しかし逆に規制も追加されたようです。納税猶予期限について、

同条第五項中「又は相続税の申告書の提出期限の翌日から二十年を経過する日のいずれか早い日(当該特例農地等のうちに都市営農農地等(相続又は遺贈により取得をした日において都市営農農地等であるものに限る。第三十四項において同じ。)がある農業相続人にあつては、その死亡の日)」を「(同項の規定の適用を受ける特例農地等のすべてが相続又は遺贈により取得をした日において都市計画法第七条第一項に規定する市街化区域内に所在する農地又は採草放牧地(以下この条において「市街化区域内農地等」という。)である農業相続人(当該取得をした日において当該特例農地等のうちに都市営農農地等がある農業相続人を除く。)にあつてはその死亡の日又は相続税の申告書の提出期限の翌日から二十年を経過する日のいずれか早い日とし、当該取得をした日において当該特例農地等のうちに都市営農農地等以外の市街化区域内農地等及び市街化区域内農地等以外の農地又は採草放牧地がある農業相続人にあつては政令で定める日とする。)」に改め

●所得税法等の一部を改正する法律案

 「市街化区域外の農地についての規定の改正でございます。市街化区域外の農地につきましては、その納税猶予を受けている農業相続人がその農地を農業経営基盤強化促進法の規定に基づいて貸し付けた場合、これは、先生今御指摘のように、一部を貸し付けた場合につきましてもその全体として二十年の営農継続要件を終生の利用要件に変更される。」この部分が改正条文のどこから読めるのかわからなくて、探すのに2時間もかかりました。正直わけわかめなので整理します。

改正前

一定の特例農地等は申告期限後20年間納税を猶予

改正後

すべてが一定の特例農地(市街化区域内農地に限る)の場合、申告期限後20年間納税を猶予

 納税猶予期限について市街化区域内農地に限定されたということで多分合ってるんだろうと思いますが、旧34項四号(申告期限後20年で免除)が残ってると「納税猶予期限は終生だけど、20年で免除ってなっちゃわない?必ずどっかにあるんだろうけど、改正条文案をなめ回しても力不足で見つけられなかった。。。

関連記事

comment

trackback

comment

管理者にだけメッセージを送る

BLOG内検索

自転車お仕事法人税税法を読む所得税税制改正ギモンコマい話国税通則法会計ソフト会計処理確定申告別表記入減価償却圧縮記帳書籍経営事業税*宿題*記事に反応農業経営国税徴収法清算

 
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月次アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。