スポンサーサイト

・--------

tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近どうしても決算書についてモヤモヤする

・2009-03-29

tag : お仕事 /

 会計事務所で約3ヶ月仕事をしていますが、最近モヤモヤすることがあります。それは、「銀行借入のために決算書の数字をいじる(のが当たり前になっている)」ということ。これをまじめに考えると、「自分は何のために会計をやっているんだろう?」という気持ちになります。

 理屈は十分にわかっているんです。このご時世、決算書の数字で融資をする・しないを判断する輩が実際にいるからなんですよね。まじめに、粉飾をしたり、数字をいじったりしてなくて、銀行融資が受けられなかったために倒産とか、背に腹は替えられない状態なんだよね、きっと。

 銀行だってバカじゃないだろうに、決算書の数字が正しいとも思っていないくせに赤字黒字で融資を決めたりさ。結局は体裁が欲しいってことなんだろか。

 正直、今作っている決算書で会社の経営状況なんてわかりゃしない。それで居て、その数字で社長さんとかに経営状況の説明をしていたりする。減価償却をしたりしなかったりとかなんなんだ。売上高の感じくらい社長ならわかってるだろうに。

 会計事務所としても粉飾だの数字をいじったりだのするほかにやるべきことがあるんじゃなかろうか。とりあえず、税理士法33条の2の添付書面を付けるとか中小企業のチェックシートを付けるとかしないんだろうか。会計専門家が保証する決算書でも効果無いんだろうか。だとしたら何のための制度なんだかな。

 「決算書の数字は意見だ」と誰かが言っていたように思いますが、こうやって作った決算書の数字はどんな意見を言っているんだろう?

関連記事

comment

うーん。月次の試算表ではそれほど恣意性は無いから、いっそ決算書は経営の参考にしちゃダメです使うのは試算表にして下さい、って言ってしまうとか…。

trackback

comment

管理者にだけメッセージを送る

BLOG内検索

自転車お仕事法人税税法を読む所得税税制改正ギモンコマい話国税通則法会計ソフト会計処理確定申告別表記入減価償却圧縮記帳書籍経営事業税*宿題*記事に反応農業経営国税徴収法清算

 
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月次アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。