スポンサーサイト

・--------

tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

扶養控除と配偶者控除を図にしてみた

・2008-09-23

tag : 所得税 /

 租税法律主義の観点から、税制度というのはその内容がすべて法律(法令)に書かれていて、そこに書かれている文章によって、各制度が説明されます。 これら文章は厳密さや法律としての体裁を意識して書かれているため、よくよく読むと非常に整然としていますが、「で、結局のところどうなんだ?」がわかりにくくなってしまうことがよくあります。

 制度の内容を理解するのに、内容を図にするということは非常に有効です。 複雑に関係した要件を文字で理解しようとすると、一文・項・号ごとに思考があっちゃこっちゃに行ってしまい、それらの関係がわからなくなってしまいます。その点において、図は一見して要件から結論までの関係性を示すことができるのがメリットだと思います。

 …最近こんなところでもおっしゃってる方がいました。

 そこで、手始めに最近勉強中の所得税で、「扶養控除」「配偶者控除」の概要を図にしてみました。

 所得税法が改正されているため、この図は平成23年分以後の所得税には当てはまりません!!!

 扶養控除&配偶者控除

 個人的なところですが、制度を図にする際には、多少厳密さに欠けたり、説明不足な部分があるとしても、ウソを描かない程度に一目でわかるように描く思考過程に沿って描くことを意識しています。

 上の図は、居住者の扶養親族・配偶者に関する所得控除額の一覧で、次のことを示しています(用語や要件の説明などは省きます)。

  1. 扶養親族または控除対象配偶者に該当すれば、38万円
  2. 扶養親族の要件を満たして16才以上j23才未満の人は特定扶養親族となり、+25万円
  3. 扶養親族または控除対象配偶者の要件を満たして70才以上の人は老人扶養親族または老人控除対象配偶者となり、+10万円
  4. 扶養親族の要件と一定の要件を満たした70才以上の人は同居老親等となり、さらに+10万円
  5. 年齢に関係なく、扶養親族または控除対象配偶者について同居特別障害者の要件を満たすと+35万円

 所得税の知識がない時点では、これだけを見てもわからないかとは思いますが、ある程度の知識がある場合には、制度がイメージとして頭に入ってくるのでとても思い出しやすくなるのではと思います。

 なお、実際の条文上では「+○万円」という形では書かれていませんが、「基本の38万円に各種の上乗せする」という形にすると全体のイメージがわかりやすいな、と思いこのように描きました。

※この画像はInkscapeというフリーソフトを使って作成しました。Illustraterと同じようにベクトル画像を作成することが出来ます。今回特にこれといった機能を使っていませんがこのような図を書くのには重宝しそうです。Illustraterを使ったことがある人(がそうそういるとは思いませんが)であればヘルプなしで同様に使えるのではないでしょうか。もちろんIllustraterを知らなくても使えると思いますが。

2008.09.26 記事の中盤に追記
2011.01.31 改正によって図が失効していることを明示
関連記事

comment

trackback

comment

管理者にだけメッセージを送る

BLOG内検索

自転車お仕事法人税税法を読む所得税税制改正ギモンコマい話国税通則法会計ソフト会計処理確定申告別表記入減価償却圧縮記帳書籍経営事業税*宿題*記事に反応農業経営国税徴収法清算

 
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月次アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。