スポンサーサイト

・--------

tag :

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会社法の資本会計に初めて触れたかも@新設分割

・2009-09-19

tag : 会計処理 /お仕事 /

 何とか新設分割の申告書も提出し終わって一山超えたって感じです。分割したために申告期限が月半ばにあって、しかも月半ばに大型連休があるとか、「大型連休なんてなければいいのに」なんて初めて思いました。

正直、会社法のアタマがありません

 会社法が出来る前に簿記論を合格してしまったため、頭の中が商法会計のままです。特に、資本会計に追いついていません。頻繁にさわる箇所ではないので普段は困らないのですが、いざとなると困ってしまいます。昔は1/2は資本金にしなさい、あとは資本準備金よ!というようなルールがあったと思うんですが、最低資本金などがなくなっている関係か、やっぱり会社法になっていろいろと変わっていました。完全にキャッチアップするのは結構労力いりますね。

まずは「取得」と「持分の結合」に分ける

 噂には聞いていましたが、どちらと判断するかで資本の会計処理が全然違いますね。取得と判断すると時価評価、のれんの計上ともろもろあって(資本の変動額が確定するまでが)かなり大変そうです。妥当な理由で持ち分の結合といきたいところです。そしたら簿価引き継ぎで数字はすぐに固まります。

…かなり勉強したになっています

 時価評価をしない「持分の結合」という前提で調べました。今回は単独新設分割となるので結果的に資本の内訳は自由に決められ、比較的スムーズに処理が出来ました。私としては、いくら中小企業とはいえ間違った処理はしたくないので結構調べました。会社計算規則も読んだし、企業結合基準運用指針も読んだし、多少は会社法の資本会計がわかったように思います。資本は内容が本当に濃いですね。今回もほんの一部しか見ていないんでしょうね。

関連記事

comment

trackback

comment

管理者にだけメッセージを送る

BLOG内検索

自転車お仕事法人税税法を読む所得税税制改正ギモンコマい話国税通則法会計ソフト会計処理確定申告別表記入減価償却圧縮記帳書籍経営事業税*宿題*記事に反応農業経営国税徴収法清算

 
カテゴリ
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月次アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。